トップ>サービス案内>訪問看護ステーション

訪問看護ステーション

訪問看護とは

訪問看護とは訪問看護ステーションから、病気や障害を持った人が住み慣れた地域やご家庭で、その人らしく療養生活を送れるように、看護師等が生活の場へ訪問し、看護ケアを提供し、自立への援助を促し、療養生活を支援するサービスです。

基本方針

“私たちは、利用者様が地域でその人らしく尊厳をもって生活が継続できるよう、
安全・安楽で安心できる最良の看護を提供して在宅生活を支援します。

主なサービス内容

●医師の指示書に基づく医療処置
点滴、留置カテーテル、経管栄養、人工肛門、インシュリン注射、吸引、褥瘡処置等医師と連携し安全に処置を行います。
●病状・障害の観察と看護・健康管理
心身の状態を観察し、異常の早期発見や再発防止のための看護を行います。
●療養生活指導
日常生活のリズムを整え、食事・排泄・運動など様々な療養上のアドバイスをして健康状態の維持・改善を図ります。ご家族の介護負担軽減に努めるよう社会資源の活用、支援をします。
●服薬管理
薬の効果確認や服薬に関する助言、副作用の観察を行います。
●食事や水分・栄養摂取の管理・排泄ケア
脱水・栄養障害、誤嚥の危険性や排泄トラブルを判断し適切な看護を行います。
●清潔ケア
清拭・入浴介助・洗髪・手足浴・陰部洗浄・爪切りなど皮膚などの清潔を保ち、皮膚トラブルに対する処置を行います。
●ターミナルケア・緩和ケア
痛みや倦怠感、苦痛緩和の看護、医療処置だけでなくご本人ご家族への精神的な支援をします。
●リハビリテーション
要支援・要介護状態の悪化防止、機能訓練、安全な体位、褥瘡や肺炎などの二次障害や合併症を予防します。
●認知症や精神障害者の看護
心身の状態を観察し、服薬・コミュニケーションの援助方法についてのアドバイスを行います。
主なサービス内容

こんなケースはご相談ください

●家で療養を継続したいが介護に疲れているケース
●褥瘡ができてしまいどんなふうに処置や予防をしたらよいかわからないケース
●最近おかしなことを言うのだけれど、認知症なのかしら・・・
●病院から退院許可が出ているけど自宅で介護するのに不安なとき
●肺炎による入退院を繰り返すケース
●施設への申し込みはしているのだけれどまだ順番が来ないケース
●最近元気がなくて自宅にこもりがちなケース
こんな時にご相談下さい

訪問看護の利用の流れ

訪問看護の利用の流れ

訪問看護事業所の概要

事業所名 訪問看護ステーションフォレスタ藤枝
事業者番号 2255380038
住   所 426-0033 藤枝市小石川町2-8-13
電話番号 054-647-3833
担   当 大石真知子(看護師)
担当看護師より
疾患や障害を抱えての在宅生活は容易ではありません。
ご利用者やご家族の為に主治医やケアマネージャー、
その他サービス担当者との連携を密にしながら在宅療養をサポートいたします。
興味を持っている方、ご利用されたい方、お気軽にご連絡ください。
訪問看護 担当:大石  TEL054-647-3833
担当看護師より


ページの先頭へ

〒426-0033 藤枝市小石川町2-8-13

TEL: 054-647-3833  FAX:054-647-3831

医療法人社団凜和会 介護老人保健施設 フォレスタ藤枝